特注看板.com

カラーコーンや工事看板など保安用品の販売は【特注看板.com】


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語では sign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

特注看板.comは建築・道路の工事看板やカラーコーンなどの保安用品販売サイト。カラーコーンは1本驚きの激安価格!メーカーから直仕入れだからできる価格設定!オリジナル看板、横断幕、懸垂幕の制作も対応可能。工事現場の困った!は当店にご相談ください。

もっとよい工事看板を作りたい、デザインのコツを知りたいなどという方はいませんでしょうか。特殊な内容や様々な自治体での工事が多くその都度別のデザインが必要になる、より事故を未然に防げるような工事看板が欲しいなど色々なニーズがあると思います。まず、工事の内容や終了予定日などが明確になっているものはよい工事看板といえるでしょう。漠然と工事をしていると書くだけでなく、どのような内容であるかを明示すればより歩行者にどこに注意すればよいかを意識づけることができます。日付に関しても敢えて開始日を書かず、終了予定日のみを書くことで見る人に誤解を与える可能性を低くする工夫をしましょう。看板の色づかいという点も、気にしておきたい点の一つでしょう。注意喚起の際には黄色と黒の配色にするのがポピュラーですが、場面によってはそうとも限らない点に注意しましょう。例えば、夜間にオレンジ色のライトを使う場合や、周辺に似たような色づかいの施設がある場合などです。また、周囲に色弱と呼ばれる症状で悩んでいる人がいると分かる場合には、赤と緑など見分けにくい組み合わせにしないようにしましょう。色の他にも、看板の明度という点にも気をつけてデザインなどを考える必要があります。周りに商業施設が沢山ある場合など、通常のものより明度を上下させなければいけない場面も多々あるからです。文字のフォントは、角ゴシック体と呼ばれるものが一般的です。細めのフォントだと大事な所を見落とすなど、若干の見づらさが生じてしまう可能性が高くなります。加えて、周辺に幼稚園や外国人の方が多いといった場面では、作業員がお辞儀をしているイラストなども併用するとなおよいでしょう。最後に、デザインをするときは極力シンプルにするというのが最大のコツの一つになります。業者にデザインを持ち込んだ際、複雑すぎると思っていた仕上がりと違うものができてしまう可能性が高くなるからです。情報は詰め込み過ぎず、かといってありきたりなものにならないよう工事看板製作業者のホームページなどを確認するのもよいでしょう。
<<関連情報:工事看板>>