株式会社笠巻工務店

株式会社 笠巻工務店 | 創業1969年、さいたま市を中心に木造の新築・増改築・リフォームをおこなうプロ集団です。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

創業1969年、さいたま市を中心に木造の新築・増改築・リフォームをおこなうプロ集団です。

さいたま市でリフォームをすることになれば、工務店に相談するでしょう。良い工務店は優れた提案力と技術緑茶を併せ持っていますが、リフォーム費用が高額であれば、決してさいたま市で良い工務店とは言えないでしょう。優良店というのは、優れた工事を適正な価格でやってくれます。誰もが気になるリフォーム費用について、裏話になりますが、極限まで安くする方法も無くはありません。そのキーワードが「現場管理費」です。畳や障子の張替えは別として、リフォーム工事では大工職をはじめ、設備の職人もいれば、電気の職人もいます。実は、これらの職人を全員社員として雇っている公務はさいたま市ではおそらくありません。人件費の問題が大部分を占めています。その意味で、広告などでよく見かけるリフォーム業者の謳い文句にある「完全自社施工」というのは、あり得ない話しになります。現場管理の仕事さえしっかりしていれば問題は少ないようです。これらの職人の工事時間を計算してタイミングよく現場に入れて、それぞれの職人に的確な指示をしながら責任を持ってリフォームを完成させてくれます。そしてこの仕事の代価が「現場管理費」になるワケです。この費用が発生する分だけ、職人に直接依頼するよりも高くなることがあります。安くするには、トラブルゼロであることがポイントです。極端な話し、リフォーム費用を極限まで安くするのであれば、キッチンをインターネットで買って、工事も電話帳で調べ、それぞれの職人に発注して現場管理を自分でやればいいだけです。しかし、予定の時間が狂って、職人に無駄足を踏ませることになったり、工事が完了した後に床にキズを発見したとしても、どの職人がキズをつけたのかが特定できないなどで、さらなる出費がかかる可能性の方が大きいでしょう。現物支給による分離発注はお得に感じますが、実際、仕事に見合った適正な利潤であることを理解したのなら、工務店の適正価格は手頃で、安心できるものになっています。
<<関連情報:さいたま市 リフォーム 工務店>>