オリジナル紙袋を安く印刷・制作するなら紙袋.com

porkbun.com | parked domain


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

オリジナル紙袋を自作するか、専門業者に発注するか、クオリティの差もありますし、大量発注ともなれば業者に依頼するのが適しているかもしれません。オリジナル紙袋というだけあって、デザインから印刷まで、すべてをオーダーメイドできます。プリントなどの加工も必要とするならば、印刷会社を選択しましょう。また、紙袋に仕上げる方法や種類もバリエーション豊富で、オーソドックスなのは、ロールペーパーのような形状の紙から作るタイプで、上部に口折りがなくギザギザのまま手付が付く、いわゆる冠婚葬祭のお礼の品を入れるようなノーマルな使い方ができます。コストも安く、質より量、イベントでのお土産の持ち帰りなどに活用されるタイプです。他に、折り口があり、内側の手付部分がきれいに取り付けられたのが、Jカット式というタイプです。箔押しでロゴを入れるなどした小売店向けにも採用されているタイプになります。ちなみに、オリジナル紙袋では手貼り加工を行う業者も少なくありません。これこそ、既製品ではないこだわり部分になるのではないでしょうか。紙袋は、商品を入れるだけの袋ではなく、宣伝効果、メッセージ性を与えることさえ可能にしています。オリジナル紙袋は、商品や企業イメージそのものを表すこともできるため、入れる物の魅力を引き出すオリジナル性で作成できます。そのためにも、高い技術力で企画・デザインを行うことがポイントです。紙袋のサイズも選ぶことが可能で、それこそ規格外となるオリジナルサイズを作り出すことができます。例えば、ワインなどの背の高いボトルを入れる紙袋もあれば、横幅のある紙袋もあります。紙の種類もバリエーション豊富で、和紙は耐久性に優れており、手触りもよく、海外からの旅行客が集まる観光地、お土産屋さんでは評価が高い傾向です。また、和紙のイメージからも料亭・割烹では、ご家族への食のお土産を手渡す際に和紙から作ったオリジナル紙袋で手渡しています。また、エコロジーに着目したエコ用紙から作ることも可能、中には、土に混ぜると自然にかえる、そうした素材も提案されています。
<<関連情報:オリジナル紙袋>>