通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。

通訳案内士試験には、口述があります。試験官が話す内容を、逐一通訳する試験があります。いわゆる面接試験の1つですが、逐次通訳のスキルが求められる訳です。話した内容をリアルタイムに通訳する必要がありますから、語学の実力が求められます。一夜漬けの知識では、なかなか歯が立ちません。その反面、対策を施しやすい一面もあります。逐次通訳と聞くと、ハードルは非常に高いというイメージが描かれる事も多いですが、学習しやすい一面もあります。どうやって対策を施せば良いかというと、英語フレーズの暗記です。ある程度はフレーズを暗記しておくと、かなり試験が楽になる傾向があります。ところで多くの大学受験生は、英語フレーズの暗記に努めています。大学入試の英語試験は、実はフレーズの暗記で対応する事は十分可能です。参考書や問題集などの重要フレーズさえ暗記しておけば、比較的得点しやすい傾向があります。現に国公立の大学入試に望んでいる受験生は、よく英語フレーズの暗記に努めています。スマホのアプリなどを活用して、フレーズの暗記に努めている受験生も多いです。ある程度フレーズが頭に入っていれば、ハイスコアも取りやすいからです。そして通訳案内士試験も、実はそのフレーズの暗記である程度対応する事はできます。そもそも通訳の現場で活躍するためにも、フレーズの暗記は欠かせません。ある程度はフレーズを覚えておくだけでも、通訳の仕事はやりやすくなります。通訳案内士試験に合格する目的の1つは、将来的に通訳で活躍する事です。通訳として独立しようと考えている方は、その試験の合格を目指している事も多いです。いずれ通訳として活躍したいなら、やはりフレーズは暗記しておく方が良いでしょう。幸いにも、最近では英会話や英語に関するアプリも色々登場しています。アプリには音声の機能もありますし、通学や通勤電車の中などで毎日リスニングに励んでいる方も多いです。それも上手く活用して、フレーズを暗記してみると良いでしょう。
<<関連情報:通訳案内士試験>>