建築の役割

「建築」をつくる、あるいは改築やリフォームをすることは、個人にとっても企業にとっても一大事業となります。
建築物はその場所で町並みの大きな要素となって、地域や社会に影響しますし、経済的にも影響のあるものです。建築士は建築主の要求に応じて、建築物の安全性や快適性、構造や設備にかかわる専門的な知識や技術をもとに、関係する法令を守りながら計画立案し、建築主の求める建築の実現のために設計を行います。
また、建築士は工事に際しては、設計意図の通りに施工されているかを監理する役割も担っています。建築主には、設計あるいは工事監理など建築士の役割の意義を十分にご理解いただき、良き建築をつくるためのパートナーとお考えください。


最新の話題・情報

猫と暮らす家にリフォーム快適プランの作り方

猫と快適に暮らす家にするリフォームのコツをご紹介します。選ぶモノの形や素材、プランを少し変えるだけで、猫と幸せに住める家になります。ただし人気のキャットウォークには意外な問題点が潜んでいることも。カギは爪とぎ、臭い、運動です。


ザハ・ハディド・アーキテクツが空間構成を手掛けた、チューリッヒのギャラリエ・グムルシンスカでの「クルト・シュヴィッタース展」の会場写真

ザハ・ハディド・アーキテクツが空間構成を手掛けた、チューリッ...


ShawnYangusesgiantSpirographtomakehomeaccessories

Graduate shows 2016: Taiwanese designer Shawn Yang has created a giant version of a Spirograph toy that makes three-dimensional patterns on homeware (+ slideshow). (more…)


エコキュートの機能や特徴・選び方のポイント

暮らしに欠かせない給湯システムには、いくつかのタイプがあります。ここでは、電気を熱源とするエコキュートの仕組みや価格など、選ぶ前に知っておきたい基礎知識をまとめました。


A.C.E.波多野一級建築士事務所/波多野崇による、京都府京都市の住宅「右京の家」

all photos(C)沼田俊之 A.C.E....