建築の役割

「建築」をつくる、あるいは改築やリフォームをすることは、個人にとっても企業にとっても一大事業となります。
建築物はその場所で町並みの大きな要素となって、地域や社会に影響しますし、経済的にも影響のあるものです。建築士は建築主の要求に応じて、建築物の安全性や快適性、構造や設備にかかわる専門的な知識や技術をもとに、関係する法令を守りながら計画立案し、建築主の求める建築の実現のために設計を行います。
また、建築士は工事に際しては、設計意図の通りに施工されているかを監理する役割も担っています。建築主には、設計あるいは工事監理など建築士の役割の意義を十分にご理解いただき、良き建築をつくるためのパートナーとお考えください。


最新の話題・情報

ネコと快適に暮らせる部屋をつくるポイント

ネコを飼うと爪とぎの跡や臭いに悩まされるケースもありますが、対策を講じてネコにも人にも暮らしやすい住まいとしたいものです。ネコの習性を理解し、過ごしやすい環境をつくりましょう。


[apjob更新]ワークヴィジョンズが、東京本社・佐賀事務所の両方で、建築・土木・都市空間の設計スタッフを募集中

岩見沢複合駅舎...


五十嵐太郎の新しい書籍『日本建築入門──近代と伝統』

五十嵐太郎の新しい書籍『日本建築入門 ──近代と伝統』がam...


キッチンリフォームした3人に聞くお金の掛け所

キッチンのリフォームには実に多くの要素や施主ごとの目的、建物の状況などが絡んでいて、お金の掛け方、予算が大きく異なってくることが一般的です。今回はキッチンをリフォームされた3人の施主のお話を参考に、そのキッチンリフォームのお金の掛け所をご紹介いたします。


満足いくシステムバス選びのためのショールーム活用法

豊富な商品が揃うシステムバス。その中から、わが家にぴったりのシステムバスを選ぶためには、ショールームで確認することが基本です。ここでは、システムバスを選ぶ際のショールームの見方、使い方をまとめてみました。