建築の役割

「建築」をつくる、あるいは改築やリフォームをすることは、個人にとっても企業にとっても一大事業となります。
建築物はその場所で町並みの大きな要素となって、地域や社会に影響しますし、経済的にも影響のあるものです。建築士は建築主の要求に応じて、建築物の安全性や快適性、構造や設備にかかわる専門的な知識や技術をもとに、関係する法令を守りながら計画立案し、建築主の求める建築の実現のために設計を行います。
また、建築士は工事に際しては、設計意図の通りに施工されているかを監理する役割も担っています。建築主には、設計あるいは工事監理など建築士の役割の意義を十分にご理解いただき、良き建築をつくるためのパートナーとお考えください。


最新の話題・情報

最も注目を集めたトピックス[期間:2016/8/8-8/14]

アーキテクチャーフォト・ネットで、先週(期間:2016/8/...


[apjob更新]株式会社ブロックパーティーが、CGパース制作の正社員を募集中

アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されまし...


AutonomousTentcreatesaremoteglampingspotonaCaliforniaclifftop

An American startup has installed a tent-like structure in California that aims to provide users with a luxury off-grid camping experience (+ slideshow). (more…)


カーゲートの種類と特徴、選び方の5つのポイント

駐車スペースの出入り口に設けるゲートや扉は、日々の使い勝手を左右するだけでなく、デザイン性、防犯性にもかかわるもの。ここでは、カーゲートの種類と特徴、選び方の注意点をまとめました。


[apjob更新]スタジオエイトが、設計スタッフ/技術・事務スタッフを募集中

アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されまし...