建築の役割

「建築」をつくる、あるいは改築やリフォームをすることは、個人にとっても企業にとっても一大事業となります。
建築物はその場所で町並みの大きな要素となって、地域や社会に影響しますし、経済的にも影響のあるものです。建築士は建築主の要求に応じて、建築物の安全性や快適性、構造や設備にかかわる専門的な知識や技術をもとに、関係する法令を守りながら計画立案し、建築主の求める建築の実現のために設計を行います。
また、建築士は工事に際しては、設計意図の通りに施工されているかを監理する役割も担っています。建築主には、設計あるいは工事監理など建築士の役割の意義を十分にご理解いただき、良き建築をつくるためのパートナーとお考えください。


最新の話題・情報

料理上手への近道!ガスコンロの交換リフォーム

ガスコンロの交換リフォームは意外と簡単。ビルトインタイプでも、1時間程度で終わります。時期の目安は約10年、最新のガスコンロは手間のかかる料理も自動でやってくれる賢い存在です。魚焼きグリルでパンを焼いても、魚臭くならない理由もご紹介します。


オープン外構とクローズド外構のメリット・デメリット

敷地条件や周辺環境などによって、外構プランはさまざまですが、ひとつの考え方として、オープン外構とクローズド外構に分けることもできます。ここでは、それぞれの特徴、メリットやデメリットについてまとめました。


居心地のよいテラスをつくる6つのポイント

外部の空間を住まいに上手に取り込むことで、快適さもアップするもの。ここでは、テラスを居心地のよいスペースとするためのプランニングのポイントをまとめました。


中村竜治による、京都・寺町の、メガネメーカー・JINSのコンセプトショップの写真

中村竜治が設計した、京都・寺町の、メガネメーカー・JINSの...


玄関土間・玄関ポーチタイルの選び方、6つのポイント

住まいの顔、とも言われる玄関まわり。こここでは、土間やポーチ部分の床材として用いられることが多いタイルについて、選び方のポイントをまとめました。