建築の役割

「建築」をつくる、あるいは改築やリフォームをすることは、個人にとっても企業にとっても一大事業となります。
建築物はその場所で町並みの大きな要素となって、地域や社会に影響しますし、経済的にも影響のあるものです。建築士は建築主の要求に応じて、建築物の安全性や快適性、構造や設備にかかわる専門的な知識や技術をもとに、関係する法令を守りながら計画立案し、建築主の求める建築の実現のために設計を行います。
また、建築士は工事に際しては、設計意図の通りに施工されているかを監理する役割も担っています。建築主には、設計あるいは工事監理など建築士の役割の意義を十分にご理解いただき、良き建築をつくるためのパートナーとお考えください。


最新の話題・情報

Competition:winabookdocumentingcontemporaryScandinaviandesignandinteriors

Competition: Dezeen has teamed up with German publishing house Gestalten to give away five copies of its new book Scandinavia Dreaming. (more…)


暮らしの悩みを解決!機能的な「窓」の実例6選

エアコンの効き具合がよくなかったり、窓を閉めているのに外気を感じるといったお悩みは、窓の造りや種類に原因となっている場合も。快適な毎日が送れるような、機能性が高い窓や付属品の実例を紹介します。


料理上手への近道!ガスコンロの交換リフォーム

ガスコンロの交換リフォームは意外と簡単。ビルトインタイプでも、1時間程度で終わります。時期の目安は約10年、最新のガスコンロは手間のかかる料理も自動でやってくれる賢い存在です。魚焼きグリルでパンを焼いても、魚臭くならない理由もご紹介します。


ベランダが気持ちいい家をつくる!人気の実例5選

ベランダやバルコニーをより快適な空間にするために、新築やリフォームの際に取り入れたい実例をまとめてみました。方角や日当たりなども考慮して、ご自宅にぴったりのスタイルを見つけてみましょう。


“これからのキッチン”が向かうべき先とは

キッチンとはライフスタイルを映し出すもの。そのライフスタイルは時代と共に変化しています。それなのに現在普及しているシステムキッチンは25年前からほとんど変化していません。では現代の、そしてこれからのライフスタイルに適合したキッチンのあるべき姿、求められるものとはいったいどのようなものでしょうか?