建築の役割

「建築」をつくる、あるいは改築やリフォームをすることは、個人にとっても企業にとっても一大事業となります。
建築物はその場所で町並みの大きな要素となって、地域や社会に影響しますし、経済的にも影響のあるものです。建築士は建築主の要求に応じて、建築物の安全性や快適性、構造や設備にかかわる専門的な知識や技術をもとに、関係する法令を守りながら計画立案し、建築主の求める建築の実現のために設計を行います。
また、建築士は工事に際しては、設計意図の通りに施工されているかを監理する役割も担っています。建築主には、設計あるいは工事監理など建築士の役割の意義を十分にご理解いただき、良き建築をつくるためのパートナーとお考えください。


最新の話題・情報

和室の畳をフローリングに上手にリフォームする方法

和室の畳をフローリングの床に上手にリフォームする方法をご紹介します。予算にあわせて床だけ工事、壁や天井も洋室化、障子や襖はどうする?など、それぞれのポイントと注意点をご紹介します。


玄関まわり&エクステリア建材のショールーム活用法

玄関扉や門扉、カーポートやデッキなどを選ぶ際には、カタログだけでなくショールームで実物を確認することが重要です。ここでは、プランニングの前に、押さえておきたいポイントをまとめました。


Joboftheday:architectureassistantatRodićDavidsonArchitects

Dezeen Jobs architecture and design recruitment

Our job of the day from Dezeen Jobs is for an architecture assistant at Rodić Davidson Architects in London, which recently built a black-stained house on Dungeness beach (pictured). See more stories about Rodić Daividson Architects, or browse more architecture and design opportunities on Dezeen Jobs.


外壁リフォーム・メンテナンス費用と長持ちさせるコツ

今回は、外壁リフォームの代表格「塗装」と「サイディング」について、工事費用とランニングコスト・メンテナンス・耐久性についてご紹介します。直射日光や雨風で傷みやすい住まいも、適切な外壁リフォームやメンテナンスがあれば、寿命を長くすることができるはずです。


生活スタイル別、自分にあった理想の間取りの作り方6選+失敗事例

我が家にぴったりあった理想の間取りを見つけましょう。新婚さん、共働き、子育て、二世帯、そして終の棲家まで、生活スタイル別に本当に暮らしやすい間取りの作り方をご紹介します。やってしまいがちなリフォームならではの失敗事例もご紹介します。